ソーシャルレンディング・SAMURAIは詐欺ではない!?ゲインチェックの副業

ソーシャルレンディング・SAMURAIは詐欺ではない!?ゲインチェックの副業

ソーシャルレンディングを展開する事業者に「SAMURAI(サムライ)」がありますが、数少ない第1種金融商品取引業の資格を持つ上場企業の証券会社の1つです。第1種の資格を持つ事業者で、ソーシャルレンディングを展開しているのは、SAMURAI以外ではクラウドバンクだけです。資格を持っている事業者であるため詐欺などの心配も不要のようです。
ゲインチェックの副業は ソーシャルレンディング とは異なるビジネス内容で個人副業で利用する際に便利に活用できるもののようです。

第1種金融商品取引業は株式や債券、投資信託などの有価証券の売買を行える資格であり、FX事業者も第1種が必要です。第2種はファンドなどを販売するのに必要な資格で、ソーシャルレンディング事業は第2種になります。

なお、SAMURAIは金融庁による匿名化の廃止が決定されて以降、融資先の実名を開示しています。「融資先の同意」を条件に公表している事業者が多い中で、情報の透明化が進んでいます。SAMURAIは第1種の事業者であるためコンプライアンス意識が高く、情報の透明化はその証でもあります。詐欺まがいの業者である可能性は低いと言えるでしょう。

SAMURAIは、「スマートエクイティ」 だった

ちなみに、SAMURAIは過去、「スマートエクイティ」という名称でクラウドファンディングを展開していました。それが、2017年に「SAMURAI&J PARTNERS」(ジャスタック上場)に買収され、サービス名がSAMURAIに変わりました。上場企業の一部になったということは詐欺まがいなサービスや詐欺まがいな会社であることは考えにくいことですが、損のリスクがないということではないので、参加する際には精査が必要です。

●SAMURAIの特徴

SAMURAIのファンドの特徴には以下が挙げられます。
・ファンドの種類が多彩
・保証会社による債務保証付きのファンド
・出資可能額は最低1万円
・融資期間が最短2ヶ月から最長24ヶ月まで多種
・利回りが10%という高率なファンド
・融資金額が数千万円という多数の小口ファンド
・元本と配当金が融資期間満期時に一括償還

SAMURAIは証券会社が運営するソーシャルレンディングであるため、社債型のファンドが多くなっています。また、外貨建てのファンドや地方創生ファンド、仮想通貨のファンドなど、証券会社の経験を生かしたバラエティに富んだファンドが数多く提供されています。

また、最低出資額が1万円のため、投資未経験者でも抵抗なく利用することができます。さらに、投資未経験者はリスクに対して過剰に不安を抱くものです。SAMURAIには融資期間の短いファンドがあり、資金を早めに回収できることで、安心できます。

ちなみに、SAMURAIは一括償還方式を採用しているため、融資期間中における配当金の支給は無く、融資期間満了時に元本と配当金がまとめて償還されます。

● SAMURAI での第三者の保証

SAMURAIの独特なファンドが保証会社の債務保証付ファンドです。融資先の親会社による連帯保証というケースは他事業者でもまま見られますが、第三者である保証会社から保証を受けるというのは滅多にありません。

保証する内容は以下になっています。
・元金
・未収利息
・遅延損害金
・弁済手数料
・その他一切の債務

SAMURAI では貸付金売却の際に過半数の同意を求めている

さらに、SAMURAIでは貸倒れが発生したことで貸付金という債権を売却する場合、利用者の過半数(金額ベース)の同意を必要としています。それだけ、利用者の意思を尊重しているということです。過去には、利用者を無視し、独断で債権を安い価格で売却した事業者がありましたが、訴訟を起こされています。